日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID

知的障がい者サッカーとは

どんなスポーツ?

私達が目指す社会イメージを表す画像
知的障害者がプレーするサッカーです。
日本国内に於いては約5000名のプレイヤーがおり、それぞれの力量により楽しんでおります。ルールは皆様がご存知のFIFAサッカールールと全く同じですが、発達障がいの度合いにより試合時間が30分ハーフになったりします。国際試合などは45分ハーフで戦います。

NAS-FID(アイナスエフアイディー)とは?

国際知的障害者スポーツ連盟。
International Sports Federation for Persons with Intellectual Disabilityの略。
知的障害者がすべてのレベル(競技からレクリエーションまで様々な段階)のスポーツ活動に参加する権利を保障すること、及びスポーツによる知的障害者自身の成長と地域社会との交流(社会参加推進)の促進を目的として、1986年にオランダで設立された。
2000年の時点で、正式加盟国は60の国と地域、準加盟国は26の国と地域におよぶ、知的障害者のスポーツ振興、講習会やセミナーの開催、国際競技規則の確立、記録の管理、知的障害者の社会参加推進など様々な活動に努めている。
■INAS-FIDホームページ:http://www.inas.org

INAS-FIDサッカー世界選手権大会とは?

1994年にオランダで初めて開催され、オリンピックとパラリンピックのように、FIFAワールドカップ開催年に同じ開催国で行われる、4年に1度の祭典となっている。この世界選手権を「もうひとつのワールドカップ」と呼ぶ。

NEXT 「興味を持ったらへ」

]