Loading...

団体概要・事業内容

ご挨拶

日本知的障がい者サッカー連盟 名誉顧問

長沼 健

皆様こんにちは長沼健です。

日本のJリーグは年々レベルが上がり、「海外組」と呼ばれる海外リーグで活躍する選手を多数輩出し、今年のACL(アジアチャンピオンズリーグ)ではなんと浦和レッズが日本初のアジアチャンピオンに輝く快挙を成し遂げました。

日本のサッカーは年々レベルが上がり続けています。
もちろん、知的障害者サッカーについても同様です。
ただし、彼らは知名度や活動場所、ひいては経済状態と全てにおいて苦しいのが現状です。 「サッカーをやりたい!」「世界に通用するようになりたい!」
知的障害を持つ青年達の気持ちを、皆様も応援していただけませんか。 是非ともご協力をお願い致します。

【 長沼 健 】 NAGANUMA KEN

広島県広島市中区袋町出身。元日本代表選手、元日本代表監督。

1994年より日本サッカー協会会長を4年勤め、その後は同協会最高顧問のほか、日本フットサル連盟名誉会長、日本ハンディキャップサッカー連盟会長、日本体育協会副会長、埼玉スタジアム2002場長を務める。2008年6月2日肺炎のため永眠。

写真:長沼健会長(当時)と中村俊輔選手

団体概要

名 称
日本知的障がい者サッカー連盟
代表者
○○ ○○
所在地
東京都練馬区光が丘2−7−3
連絡先
スタッフは常駐しておりませんので、お問い合わせ等はお問い合わせフォームよりお願い致します。
設立日
○年 ○月 ○日

事業内容

★日本知的障がい者サッカー連盟は、日本における知的障がい児・者のサッカー競技の普及、復興を図るとともに、クラブ間・地域間の総合交流を行い、知的障がい児・者の健康で自立した生活を促進することを目的としています。

  • 知的障がい児・者のサッカーの普及振興
  • 知的障がい児・者を対象としたサッカー教室
  • 知的障がい児・者のサッカー指導者を対象とした研修会・講習会
  • 日本を代表するチーム(指導者・選手・役員)の選抜と上位大会参加への推薦又は派遣
  • 同一の目的を持つ他団体との連携・提携
  • その他、本連盟の目的に必要な事業

日本知的障がい者サッカー連盟
〒179-0072 東京都練馬区光が丘2-7-3

2021 jffid