日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID

知的障がい者フットサル委員会スタート!

弊連盟では、知的障がい者フットサル委員会を
まもなくスタートします。

フットサル委員会は、
日本知的障がい者サッカー連盟内に設置し
知的障がい者のフットサル競技を日本国内で統轄し
各種国内大会や教室等を開催し、
知的障がい者フットサル日本代表チームを
4年に1度開催される[INASグローバル競技大会]へ派遣します。

まだまだ手探りな状態ですが
知的障がい者が楽しくフットサルを楽しめるように
活動してまいります。

規約や役員名簿等は後日ご案内致します
宜しくお願い申し上げます。

東京都知的障がい者サッカー連盟の主催になりますが
[知的障がい者フットサル関東交流大会]がまもなく開催されますので
概要を掲載しておきます。

大会名:第1回 知的障がい者フットサル関東交流大会
主 旨:(1)日本国内における知的障がい者フットサルの技術向上と健全な心身の育成を図り、
      広く知的障がい者フットサル普及振興に寄与することを目的とする。
    (2)知的障がい者フットサル世界大会の代表になりうる選手発掘、育成の場とする。
    (3)関東各地域との交流を図る。
主 催:東京都知的障がい者サッカー連盟 
会 場:東久留米市スポーツセンター 
    〒203-0011 東京都東久留米市大門町2-14-37
日 時:2014年12月28日(日) 午前9時~午後6時40分予定
チーム数:16チーム(予定)
大会形式:①ルールはフットサル公式ルールで行います。
     ②審判は主催者側で行います。
     ③大会形式エントリー8チームを2ブロックに分けて4チームのリーグ戦を行い、
      その後上位2チームによる決勝トーナメントを行います。
      下位の2チームについてはそれぞれ1試合を行います。3位決定戦も行います。
      ※各チームリーグ戦を含み最低4試合行います。
     ④予選は10分1本で行います。タイムアウトはありません。
      決勝トーナメントは10分ハーフ(5分のインターバル)で行います。
      ※参加チーム数により試合時間の変更もあります。
     ⑤召集を受けたチームは、ユニホーム叉はビブスを着用の上、本部前に集合する。
     ⑥リーグ戦で勝チームは3ポイント、負けチームは0ポイント、
      同点引き分けの場合はそれぞれ1ポイントとして勝ち点を計算し、
      順位を決定します。
      勝ち点で同点の場合は、得失点差、次に総得点数で順位を決めます。
      それでも同じ場合は、当該チーム同士の対戦成績により決定します。
      全て同成績の場合は、キッカー3人ずつによるPK戦を行ないます。
     ⑦表彰は優勝、準優勝、3位を表彰します。
new_rogo_white

]