日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID

もうひとつの選手権 参加校募集開始!

第2回を迎えます全国知的障害特別支援学校高等部選手権大会2016

「もうひとつの高校選手権2016」への参加校の募集が始まりました。

開催要項は以下の通りですので、ふるってご応募ください。

 

1、目 的

・知的障害者特別支援学校高等部の部活動の目標となる全国大会とする。

・知的障害者のスポーツ促進、生涯学習の環境作りと推進に寄与する。

 

2、主 催

特定非営利活動法人日本知的障がい者サッカー連盟

 

3、主 管

NPO法人静岡FIDサッカー連盟、もうひとつの高校選手権実行委員会

 

4、後 援 

スポーツ庁、公益財団法人日本サッカー協会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、全国特別支援学校知的障害教育校長会、全国手をつなぐ育成会連合会、静岡県、静岡県教育員会、藤枝市、藤枝市教育委員会、一般財団法人静岡県サッカー協会、静岡県特別支援学校長会、公益財団法人静岡県障害者スポーツ協会、静岡県知的障害者福祉協会、静岡新聞社・静岡放送 (全て予定)

 

5、協 賛

プーマジャパン株式会社、公益社団法人静岡県宅地建物取引業協会、堀江車輌電装株式会社(全て予定)

 

6、期 日 

平成29年2月11日(土)〜12日(日)

 

7、会 場

藤枝総合運動公園サッカー場及び陸上競技場(静岡県藤枝市原100)

 

8、参加資格

①知的障害特別支援学校高等部に在学中の単独部活動チーム。(本校+分校を含めた複数校合同チームは不可)

②年度内の健康診断で運動に制限がないことを所定の用紙を使って、学校長名で証明できるチーム。特別な配慮については、事前に連絡すること。

③選手・スタッフ共にスポーツ傷害保険に加入していること。

④特定非営利活動法人日本知的障がい者サッカー連盟に加盟する都道府県に属するチームであること。

※弊連盟に加盟していない都道府県からの出場は、準加盟という一時措置により、出場することも可能です、詳しくはページ後半を参照のこと。

⑤1チームの登録人数は、選手20名以内、役員6名以内とする。

 

9、参加チーム

全国から都道府県予選と地域予選を勝ち抜いた8チームを予定。

北海道・東北、関東、東海、関西、中四国、九州の6地域代表を軸に実行委員会で調整を図る。

 

10、対戦組合せ

未定

 

11、参加申込み

1次申込み=平成28年6月20日までにinfo@jffid.comに参加意志表明をすること。

・メールの件名は「もうひとつの選手権参加表明」とすること。

・メール本文内に、都道府県名、学校名、連絡担当者氏名とメールアドレスを必ず記入すること。

・都道府県大会、地域大会を勝ち上がった場合に静岡県での本大会に出場出来るチームのみ参加表明すること。

・参加表明した学校数により、各地域の出場枠を7月に決定し、各地域理事を通じて通達する。

・その後、都道府県予選、地域予選を経て本大会出場への2次申込みへ移る。

2次申込み=本大会出場を決めた8チームに直接連絡します。

 

12、大会出場にかかる費用(概算)

・チームエントリーフィー 1チーム10,000円予定

・宿泊費 1名(1泊2食)6,500円程度(宿泊施設は実行委員会で一括して予約してあります。)

・お弁当代 1食800円程度

 

13、その他

①本大会へ参加する方については、閉会式及び競技中において、大会本部より許可された報道関係者または主催者における新聞やテレビ放映のための写真撮影、VTR撮影等について、了承した上で参加をお願いします。ただし、個人写真の使用、個人にインタビュー等については、事前に承諾の確認を取ります。

②日本知的障がい者サッカー連盟ホームページやSNSに、大会要項、試合結果、写真が掲載されることがあります

③出場選手の大会期間中の健康ならびに生活指導については各チーム監督の責任において遺漏のないように処置すること。特に、健康管理、食生活指導については、十分留意すること。

④学校及び家庭における事前の健康観察を十分にすること。

⑤各自「健康保険証」(写)を持参すること。

 

競 技 規 則

1、(公財)日本サッカー協会制定のサッカー競技規則2016/2017(2016年6月改訂版)に準じ、実行委員会の申し合わせ及び大会要項により実施する。

2、登録選手は20名までとし、ベンチへはその20名が入れる。指定の大会エントリー用紙に登録している者で、指定のメンバー提出用紙に記入されている者に限る。

試合当日のメンバー変更は、大会本部の掲示板に掲示する。

試合開始前に11名の先発選手と9名以内の交代要員の氏名と背番号を指定のメンバー表にて通告しておき、そのうち5名まで主審の許可を得て交代できる。

てんかん等の障害による交代は別枠として常時可能とするが、交代した選手は当該試合に出場できない。(この場合は6名以上の交代が可能になる)

3、各試合へのメンバー登録(メンバー表提出)後、「試合開始までの時間」に、けがや発作等の特別な理由により、登録された選手が当該試合へ出場することが不可能であると当該試合競技責任者が判断した場合のみ、下記項目に従って登録内容を変更することができる。

①先発選手の場合、交代要員(控え選手)を先発選手に変更することができる。

②上記で退いた当該選手の当該試合への出場は認められない。

③「試合開始までの時間」とは、キックオフ時間に支障がないことを前提とする。

4、交代しようとする選手は、試合の停止中に主審の許可を得た後に競技場に入る、交代して退いた選手は、その試合に再び出場することはできない。

5、大会中、2回の累積警告を受けた競技者は、次の1試合に出場できない。

6、大会中、退場処分を受けた選手の出場停止処分は大会規律・フェアプレー委員会で決定するが、「同一大会」における直近の試合に適用される。ただし、同一大会内で消化しきれない場合は、大会終了時点で消化したものとする。

7、アンダーシャツやスパッツ、タイツを着用する際は、それぞれユニフォームやパンツと同色を使用すること。(ソックスと同色ではない)

 

競 技 実 施 要 綱

1、開・閉会式

①開会式は行わない。

②閉会式(表彰式)は決勝戦終了後に行う。

2、招 集

①試合毎に、メンバー表(11名の出場選手と9名の交代選手)を試合開始30分前までに、競技本部に提出する。用紙は、指定の様式を使用すること。合わせてユニフォームの確認も行う。

②召集時刻は、原則として試合開始5分前に本部テント前に集合し、審判によるチェックを行う。

3、監督者会議

各試合の1時間前に監督者会議(MCM)を行う、詳細な試合開始時間の決定、審判員の確認、出場選手の確認、ユニフォームの確認、試合会場の安全の確認(安全が確保できなければ試合の中止を決定できる)を行う。

4、競技方法

①メンバー表に記載した交代選手の中から5名の交代ができる。交代したものが再度ピッチに入ることはできない。

②競技中、選手に不測の事態が生じたり、介助を必要としたりする時などは、主審にその旨を伝え指示をあおがなければならない。

③ユニフォームは正・副2色を用意し、監督者会議(MCM)で当該チーム監督及び審判の協議により着用ユニフォームを決定する。

④試合時間は60分、ハーフタイムのインターバルは原則10分とする。トーナメント方式で行い、勝敗が付かない場合は延長戦を行わずPK方式で勝者を決定する、ただし決勝戦は、試合後5分間おき、前後半10分(前後半の間はピッチ交代のみ)の延長戦を行う。決定しない場合はPK方式で勝敗を決定する。

⑤アンダーシャツやスパッツを着用する際は、それぞれユニフォームやパンツと同色を使用すること。

⑥ベンチは、組合せ表の番号が若いチームをピッチに向かって左側とする。

⑦競技場内では、選手、監督、コーチ、大会役員、競技役員、実施本部員及び主催者が認めた関係者(マスコミ等)以外入場することができない。(ただし、付添者については、別途考慮することがある。)

⑧大会参加者の大会開催中における傷病、競技中のけがについては、本部にて応急処置を行う。病院への搬送等については各チームで行う。傷害保険には、チームで必ず加入すること。(病院の紹介は行います。)

⑨雨天時の取り扱いは、原則として実施するが、荒天等により試合時間の変更や中止となった場合は、本部より各チームの連絡担当者へ午前6時までに連絡を致します。

5、表 彰

①優勝チームには大会持ち回りの優勝カップを授与する。

②上位3チームにトロフィーを授与する。

③優勝〜4位までを公式記録とする。

 

■プリントアウト用の大会開催要項は以下をクリック

>開催要項(word)

 

160214_05796

 

■準加盟制度について

特定非営利活動法人日本知的障がい者サッカー連盟(以下「連盟」と記します)では、正会員と準会員による加盟登録制度をとっています。

連盟主催の全国規模の大会(チャンピオンシップ、もうひとつの選手権)へ出場するには、都道府県単位での正会員への加盟が必要ですが、大会参加への一時措置として「準加盟」制度を利用して連盟主催の全国規模の大会へ出場することができます。

準加盟制度とは、以下の条件をクリアし理事長が認めた団体を言います。

1、知的障がい者を対象にサッカーをする団体

2、近い将来に当該都道府県に都道府県連盟を設立する方向で活動していく意志がある団体

3、年会費3万円を納付出来る団体(毎年4/1〜翌年3/31までの準加盟登録)

4、反社会的勢力に属さない団体

※当該都道府県で複数のチームから申込みがあった場合は、事務局より都道府県連盟設立のアドバイスをさせて頂きます。

 

■トレセン対抗戦へ出場しようとするチームの準会員制度

トレセン対抗戦は都道府県をまたぐ地域チームとなり、地域の都道府県の足並みが揃わないと出場出来ないため、トレセンチームの所属選手全員と所属役員(監督やコーチ)全員が、準会員(年会費3千円)であれば出場可能とします。

※準加盟と準会員を混同しないようにお気を付けください。

 

]