日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID

神奈川県選抜がチャンピオンシップ2連覇達成 全日本知的障害者サッカー選手権大会

3月18日(土)19日(日)、「第14回全日本知的障害者サッカー選手権大会’17チャンピオンシップ」が岐阜県各務原市総合運動公園で開催されました。 この大会は、知的障がい者サッカーの地域リーグを勝ち抜いた都道府県選抜が参加し、今年の日本チャンピオンが決定します。

優勝は神奈川県。見事、昨年に続く連覇を飾りました。神奈川県選抜は強豪の東京都選抜などがいる関東大会を勝ち抜き、また、この大会に向けて合宿を行い調整をしてきました。その強い思いが連覇に繋がりました。

来年は、神奈川県選抜の3連覇か、もしくは打倒、神奈川県選抜に燃えるの新チャンピオンの誕生か注目が集まります。

image2

image3

ともに決勝戦、神奈川県選抜(青) vs 島根県選抜(白)の様子。(写真:内田和稔/JFFID)

image1

喜びを爆発させる、連覇を決めた神奈川県選抜。(写真:内田和稔/JFFID)

◇大会結果
優勝:神奈川県
準優勝:島根県
3位:静岡県

◇大会2日目結果
会場:各務原市総合運動公園
5位決定戦 宮城県 0 – 9 大阪府
3位決定戦 静岡県 2 – 1 鹿児島県
決勝戦 神奈川県 2 – 0 島根県

◇大会1日目の結果
グループA
会場:各務原市総合運動公園
静岡県 7 – 0 宮城県
神奈川県 3 – 1 静岡県
宮城県 0 – 10 神奈川県

グループB
会場:岐阜市北西部運動公園
鹿児島県 3 – 3 大阪府
島根県 1 – 1 鹿児島県
大阪府 1 – 2 島根県

]