日本知的障がい者サッカー連盟-JFFID

フットサル代表、初戦は王者ポルトガルに敗戦:INAS グローバル大会 2019 ブリスベン

10月12日、オーストラリア、ブリスベンでいよいよINASグローバル大会2019ブリスベンのフットサル競技が開幕しました。
日本はこの日、初戦でポルトガルと対戦。
試合は前半からポルトガル優位に運び、残念ながら敗戦を喫しました。
まだ、決勝トーナメントに向けては気の抜けない戦いが続きます。
山場はまだこれからですが、前を向いて戦い続けます。
引き続き応援をお願いいたします!



写真はすべて©JFFID

■試合結果
10月13日、13時(現地時間)キックオフ
日本 1 – 10 ポルトガル
前半 0-7
後半 1 – 3(得点 #8.吉川)


■先発メンバー
GK #18.岡本
FP #2.佐藤 #3.徳丸 #9.利根川 #10.澤田

■試合総括
 身体の大きな相手にも懸命に立ち向かいました。
日本のチャンスもありましたが、前半は無得点。後半、カウンターから右サイドを抜け出した#3.徳丸から、左サイドへのグラウンダーの折り返しを#8.吉川が左足でダイレクトシュートを押し込みましたが、世界王者の壁は高く敗戦となりました。ポルトガルからの得点は大きな収穫です。
 たくさんのご声援をありがとうございました。

■選手コメント
#8.吉川圭祐
「初めての世界大会でした。初戦の相手は前回優勝のポルトガルです。今日感じたことはポルトガルは大きくてテクニックも凄くて驚きました。出来たことは、全力でプレー出来たことと、自分が一点取れたことです。とても嬉しかったです。」

#10.澤田偲努
「試合前までは勝つという強い気持ちをのぞみました。いざ、対戦してみると相手の決定力がすごくて驚きました。できたことは、守りも攻めを一生懸命できたことです。自分のドリブルと体の強さが海外の選手にも通用するんだと自信が付きました。明日はもっとその自分の良さを出していきたいです!」

明日は、vs ロシア
16:00 (日本時間15:00)キックオフです!

]