Loading...

お知らせ

【活動報告】知的障がい者フットサル日本代表候補強化合宿 2022年1月

2022年1月8日(土)〜10日(月祝)、

東京都調布市(ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム)にて、

フットサル日本代表候補合宿が行われました。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で、約2年ぶりの代表活動となり、
合宿の実施にあたっては、自宅出発前・合宿解散時の抗原検査を実施するなど、感染症対策を行い実施いたしました。

なお、この合宿は、2023年6月に開催予定の「Virtus Global Games 2023(開催地:フランス)」に向けての強化合宿となります。

 

【スケジュール】

DAY1:コンディショニング、シュート、数的不均衡、ゲーム

DAY2:守備の個人戦術、守備のチーム戦術、ゲーム

DAY3:トレーニングマッチ(SHINAGAWA CITY FUTSAL CLUB サテライト)

 

【監督総括】

2019年10月の世界大会以来、計画しては中止という状況が続いており、ようやく迎えられた日本代表活動の再スタートでした。
全国から15名の選手を招集し、普段はサッカープレーしている選手が11名、フットサルチームに所属している選手が4名、
平均年齢20.9歳となった新しい代表チームです。

日本代表のプレーモデルに則り、攻撃面では、セカンドポストを利用したフィニッシュ、
守備では、個人戦術とチーム戦術というテーマで、トレーニングを積み重ねました。

3日目のトレーニングマッチでは、カウンターから何度もゴールに迫り、
守備ではゴレイロを中心に身体を張った全力を尽くす姿勢を見せ、今後のチームの成長に大いに期待が持てるものでした。

しかし、この合宿はあくまできっかけづくりです。
この思いを地元に持ち帰り、サッカーでもフットサルでも、目の前の1回1回のトレーニングに力を出し切ること。
フットサル代表に残り、世界と闘うためには日常的にフットサルのトレーニング環境に身を置くことを伝えました。

また一人でも多くの選手と再開し、世界に向けて結束していきたいと思います。
今後も世界大会に向け、様々な困難が待ち受けるとは思いますが、「できないこと」よりも「どうすればできるか」に目を向け、
一歩一歩、進んでまいります。

 

木村純一

 

 

なお、今回の強化合宿は日本スポーツ振興センター「競技力向上事業」の補助金を利用して実施されました。

   

日本知的障がい者サッカー連盟
〒113-8311 東京都文京区本郷3-10-15 JFAハウス
日本障がい者サッカー連盟内特定非営利活動法人日本知的障がい者サッカー連盟

2021 - 2022 jffid