Loading...

どんなスポーツ?

どんなスポーツ?

★ボール一つで多くの人と繋がり、喜びや感動をわかちあえる

知的障がい者がプレーするサッカーです。
全国に特別支援学校・学級網が発達していること、サッカーの面では国体の後に開催される全国障害者スポーツ大会の競技種目となっていることから、全国に広く発達している競技です。
全国障害者スポーツ大会を契機に取り組みが開始する都道府県も少なくありません。日本国内においては約7,400名のプレイヤーがおり、それぞれの力量により楽しんでいます。
激しい攻防やスピードに乗ったドリブルなど見どころもたくさんあります。
知的障がい者は「ひたむき」なサッカーをします。
心洗われる爽やかさがあるサッカーです。
最近はサッカーだけではなく、フットサルも行われるようになってきています。

競技ルール

★競技ルールはFIFAのサッカールールと全く同じですが、試合時間が発達障がいの程度により30分ハーフになることもあります。国際試合などは45分ハーフで戦います。

知的障がい者サッカーのルール

人数 11人
時間 国際試合は45分ハーフ
ピッチサイズ 通常のサッカーのフルコートと同じ (FIFAの推奨サイズは長さ105m×幅68m)
クラス分け なし
対象者 知的障がい者
※国内の公式大会出場時は、都道府県・政令指定都市発行の療育手帳の取得が必要。
※国際大会出場時は、知的障がいを証明する書類(臨床心理士、精神科医、行政が発行したもの)に加え、IQ検査サマリーシートなど多数の書類の提出が必要。ポジションによる差異はなし。
その他 競技形態は通常のサッカーと同じ。コミュニケーションや戦術理解、判断力などの指導に工夫が必要。

知的障がい者フットサルのルール

人数 5人
時間 国際試合は20分プレイングタイム
ピッチサイズ 通常のフットサルのフルコート(40m×20m)と同じ
クラス分け なし
対象者 知的障がい者 国内の公式大会出場時は、都道府県・政令指定都市発行の療育手帳の取得が必要。 国際大会出場時は、知的障がいを証明する書類(臨床心理士、精神科医、行政が発行したもの)に加え、IQ検査サマリーシートなど多数の書類の提出が必要。 ポジションによる差異はない。
その他 競技形態は通常のフットサルと同じ。コミュニケーションや戦術理解、判断力などの指導に工夫が必要。

競技人口・チーム数

★競技人口は約7,400人で、全国の登録チーム数は438チームあります。(2019年3月集計)

チーム一覧

北海道
  • ○○(チーム名)
  • ○○(チーム名)
青森
  • ○○(チーム名)
  • ○○(チーム名)

その他情報

指導者ライセンス制度 あり
審判ライセンス制度 なし
選手・チーム登録制度 あり(登録者:7,459名 登録チーム:438)
日本代表
  • 知的障がい者サッカー日本代表
  • 知的障がい者フットサル日本代表

主な大会

国際大会

もう一つのワールドカップ

INASサッカー世界選手権大会が、1994年にオランダで初めて開催され、オリンピックとパラリンピックのように、FIFAワールドカップ開催年に同じ開催国で行われる、4年に1度のサッカーの祭典です。 2002年には日本で開催されました。2014年のブラジル大会では、日本代表が初のベスト4という好成績をおさめました。 知的障がい者にとって、チームワークや対人プレー等の要素を多分に含むサッカー競技は、彼らの自立という観点からも優れたスポーツ競技と考えられています。 「僕もがんばって日本代表選手になるんだ!」と夢を見る知的障がいを持つ子ども達や青年達の「夢」を現実のものにする為に、私たちは日々支援を続けています。

INAS GLOBAL GAMES

知的障がい者アスリートが集まる総合大会で、知的障がい者版パラリンピックのイメージです。 4年に1度開催され、日本は2015年から知的障がい者フットサル日本代表チームを派遣しています。 2019年10月にはオーストラリア・ブリスベンで開催されました。

国内大会

  • 全日本選手権
  • 地域トレセン対抗戦
  • 全国知的障害特別支援学校高等部サッカー大会(もうひとつの高校選手権)

日本知的障がい者サッカー連盟
〒000-0000 東京都練馬区光が丘2-7-3

2021 jffid